2014.05
Thursday
-
-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< 4月下旬なのに : main : 10年目のリベンジ >>
2013.05
Wednesday
21:18
comments(2)
trackbacks(0)

南東北一周の旅

ゴールデンウィークは、仙台→山形→福島と日帰りで南東北一周鉄道の旅をしてきた。
でも、今回の旅は一周することが目的ではなく、山形鉄道のフラワー長井線に乗ることがメイン。
フラワー長井線は、山形県南陽市の赤湯駅と白鷹町の荒砥駅を結ぶ全長30.5キロの路線で、映画「スウィングガールズ」にも使われていて、それもあってサックスを吹いてる女子高生のシルエットが付いた列車も走っている。

長井線

仙台からは、仙山線で山形まで、奥羽本線で赤湯に行き、フラワー長井線へ。
フラワー長井線では、始発駅の赤湯から終点の荒砥まで、約1時間の旅を楽しむ。
山形は桜が半分くらい散った状態で、仙台より2週間ばかり遅れている感じ。
隣の県というのに、太平洋側と日本海側でこんなにも違うなんて、あらためてビックリ。
荒砥からは、すぐに折り返しの列車に乗り(次は2時間後になってしまうため)、長井まで戻ってくる。
するとちょうど昼なので、ここで昼飯を食いつつ、市内散策を。

長井駅に置いてあったチラシを見ると、長井は昔から馬肉を食べる食習慣があるとのこと。
なんでも「バーニック・ナガイ」なるキャラもいるらしい。
というわけで、チラシにあった馬肉ラーメンの店へ。
店に入るとほぼ満席で、ほとんどよそから来た観光客っぽい。
ただそれをさばききれてない様子で、店の人は注文取るのも精いっぱい。
そんななか、どうにかチャーシューが馬肉の支那そば550円を頼む。

馬肉ラーメン

出てきたラーメンは写真を見てもわかるとおり、肉がなんとなく普通と違うでしょ?
馬肉チャーシューは食べてみると、クセもなく結構あっさりした感じ。
ラーメンは手打ちっぽい太麺で、スープは昔ながらの素朴な味。
意外においしかったです。

食事の後は、物産館に行ったりして、街中をぶらぶら。
列車の発車時間までに駅に戻り、長井駅から今泉駅まで行き、ここでフラワー長井線の旅は終了。
そこからは米沢→福島→仙台と列車を乗り継ぎ、南東北一周鉄道の旅も終了。
ここまで、ほぼ9時間の旅でした。

2014.05
Thursday
-
-

スポンサーサイト


Comments

電車の旅、楽しそうですね。
沖縄には電車がないので、どんな感じか想像できません。
すぐに飛行機にのってしまいますから。
想像ですが、駅弁とか食べながら、景色を楽しみながら、という感じの旅ができるのでしょうか。
電車を降りて、駅周囲の街を散策というのも楽しそうですね。
それにラーメン(中華そば?)が美味しそうです。
僕はラーメン好きなので、地域独特のラーメンの食べ歩きもしてみたい。
小チャーハンと小餃子が付いていたら尚良いかも(#^.^#)
9時間の旅を満喫できたようで、良いリフレッシュになったことと思います。
posted by タウリ  at 2013/05/10 10:10 PM
タウリさん>
そうですね、沖縄には電車がなかったですね。
今回の旅は、JR東日本の「小さな旅ホリデーパス・南東北フリーエリア」というエリア限定で普通列車が1日2600円で乗り降り自由という切符を使っています。
基本、普通列車しか乗れないのですが、山形−福島間は山形新幹線が走っているため普通列車の本数が少なく、特急券を追加で買えば新幹線も利用できるというお得な切符です。
なので、列車と列車を乗り継いで一周して帰って来ることが可能で、各駅停車なので、のんびり車窓からの景色を楽しみながら駅弁食べてということもできます。
山形は、そばが有名なのですが、ラーメンも地域ごとにいろんなものがあります。鶏もつの入ったラーメンなんていうのもありますし、夏には氷の入った冷たいラーメンも出てきますよ。
ぜひ、ピーチで東北へ。
posted by 悠太  at 2013/05/12 12:09 PM
 
 
 


 

Trackback   [ http://midori-hibi.jugem.jp/trackback/451 ]