2014.05
Thursday
-
-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< 10年目のリベンジ : main : 7月も終わりだけど・・・ >>
2013.07
Thursday
21:15
comments(2)
trackbacks(0)

北九州一周の旅

一周の旅シリーズ、今回は九州の北半分でございます。
本命はサッカー観戦なのですが、せっかく行くのだから鉄も補給しなくてはね。
というわけで、JR九州の列車でまだ乗ったことのない特急「ゆふ」と「ゆふいんの森」、それと前に乗ったことあるものの列車の色が青くなり内装が変わった「ソニック」に乗ってきました。

まずは、博多から由布院まで「ゆふ」に乗って。
ゆふ

特急「ゆふ」は、電化されてない区間を走るのでディーゼル車。
JR九州の列車らしく内装には木がふんだんに使われております。
博多を出た列車は、鹿児島本線を南下し、久留米からは久大本線へ。
これに揺られること2時間20分で由布院に到着。
列車を降りると、とんでもない暑さ。
一気に干からびそうになりながらも、その日の宿にたどり着く。
せっかくの温泉なのに、暑すぎて結局1回しか入れず、夏に温泉は行くもんじゃないなあと・・・。
でも宿の食事はうまかったなあ。

2日目は、列車の時間まで由布院観光。
由布院もほかの観光地と同じように、通り沿いに土産屋がびっしり。
でも鎌倉よりは、少ないかなあ。
それにしても、この日もひたすら暑い・・・。

由布院から大分までは、特急「ゆふいんの森」
九州の観光列車といったら、これが元祖かな。
ゆふいんの森

ゆふいんの森では、1号車の最前列の席が取れた。
乗ってみると、なんと運転席に間仕切りがなく、運転手ごしに前方の景色を見ることができる。
すっごく得した気分で、大分まで1時間弱の旅を楽しみました。

そして最後は、特急「ソニック」。
何年か前に乗ったときは、車体は濃いグレーだったのが、青く。
そして座席のヘッドレストが、赤とか青とかカラフルだったのが、黒一色になっていた。
ソニック

しかしこの列車、外とは対照的にガンガン冷房が入っている。
こういう時のためにシャツを持っていったのだけど、それでもぜんぜんしのげず。
博多までの2時間半、冷蔵保存されてました。

というわけで、今回の旅は暑さと寒さの戦いでやんした(笑)

2014.05
Thursday
-
-

スポンサーサイト


Comments

どこかの誰かさんときたら、九州に行った時に、朝、湯布院温泉で入って、夕方別府温泉に入ったのです。朝のお風呂と、夕方では時間が経ってるし、湯あたりもないだろうと思ったわけですが、甘かったですね。別府温泉を出たら猛烈に頭が痛くなって、別府から四国に渡るフェリーに乗った間、ずーっと頭がガンガンして痛かったです。 乗られたJR九州のゆふ、
もとは、JR四国の車両だったのです。もとは水色の特急だったのが、西に行って今度は赤くなって走っています。
posted by 謙介  at 2013/07/28 11:29 PM
謙介さん>
温泉ってそんなに回数入っちゃいけないんですね。
オレが泊まった宿は、その日、貸切状態だったので、温泉に入ろうと思えば入り放題だったんですが、結局1回しか入らず、もったいないと思っていました。
それでも寝るとき身体が火照って、なかなか寝付けませんでしたよ。
やっぱ温泉は寒い時期じゃないとだめですねえ。
ゆふは、四国の車両だったんですか。
形からして、なんかのディーゼル車を改造したんだろうなとは思ってたんですが。
posted by 悠太  at 2013/07/29 10:22 PM
 
 
 


 

Trackback   [ http://midori-hibi.jugem.jp/trackback/453 ]